夜明け

日々のコトとかなんか見た感想とか

心が叫びたがってるんだ。を見に行った-感想とか

今日は映画を見に行った。他の時間はうたわれるものタイムシフトの視聴期限が迫っていたからそれを見ていた。あと後期の教科書買った。

映画はタイトルの通り『心が叫びたがってるんだ。』を見に行った。レイトショーを狙って(1300円で学割1500円より安い)20:55からのを見たんだけどチケット買ったのが19:40でドトールで時間を潰した。アイスコーヒーL370円とジャーマンドック220円を食べた。

映画の話。制作はA-1 Picturesで原作が超平和バスターズとなっている。これは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と制作スタッフが同じだよ、ということかな。内容は簡単に言うと、ある出来事が原因でしゃべることができなくなった少女が歌で感情を伝えるよという話。説明下手くそか。内容は公式サイトでどうぞ。

歌と言ってもJ-popとかrockとかではなくてミュージカル。これは地域の方への出し物としてクラスでやろうと決まったもの。この出し物の制作を話の中心として様々な人間とその関係が描かれている。友達、クラスメート、部活、恋愛、家族と様々な関係性にスポットライトが当てられていた。

キーワードは”言葉”。『あの花』でも、たった一言その言葉を発してしまったことが引き金となり友達が死んでしまうという出来事があった。『ここさけ』では少女が言った言葉により両親が離婚してしまう。まあ今回はどう考えてもその少女に否は無くて、”お城”に”知らない女性”と行っていた父親が完全に悪いと思うけど。(どういった経緯で浮気をしたのかという問題があるけどほとんど描写が無くて、父親がクズに見えたというだけ。)”言葉は”とても強くて不幸を引き起こすこともあるが、言葉にしなければ本音は伝わらない。主人公たちはそういうことに悩み苦しんでいた。

ミュージカルの音楽はオリジナルの歌詞を多くの人が一度は耳にしたことがある名曲にのせたものでこれは良かった。特に異なる曲を同時に歌って2つの雰囲気を同時に表現する、というのは聴いていて気持ちよかった。

あの花』と違って死人はでないので最後の最後で大号泣、という作品ではないかもしれない。『あの花』の人気に乗っかって宣伝では感動作とアピールしているように感じていたので、泣くことを押し付けてくる作品だろうと予想していたんだけど、そんなことはなくて動きの鈍くなった心を揺さぶられるようなそんな作品だった。たまにダメージも入った。ここらへんの感想うまく言語化できなくてつらい。

高校生の青春群像劇なので大好物な人と大嫌いな人で分かれそうだ。私は今作は好きなタイプで面白かった。『あの花』が合わなかったからと言って敬遠することはないと思う。たまには青春を感じるのも良いのでは。

あの花』との対比ばかりになってしまったのは私の力不足。おわり。